2011年07月

1972年の鉄道ジャーナルが入荷しました

1972年の鉄道ジャーナルが再入荷しました。
 

鉄道ジャーナル 1972年1月号(No.57) 「特集:新しい鉄道/三重連の魅力」
当店価格:1,050 円

鉄道ジャーナル 1972年2月号(No.58) 「特集:電気機関車を運転する」
当店価格:1,050 円

鉄道ジャーナル 1972年3月号(No.59) 「特集:華麗なる急客機C57/汽車会社の75年(全製番台帳つき)」
当店価格:945 円

鉄道ジャーナル 1972年4月号(No.60) 「特集:’71 日本の新車(国鉄・私鉄のニューフェイス)」
当店価格:945 円

鉄道ジャーナル 1972年5月号(No.61) 「特集:日本の蒸気機関車 ’71」
当店価格:1,050 円

鉄道ジャーナル 1972年6月号(No.62) 「特集:ひかりは西へ」
当店価格: −  円

鉄道ジャーナル 1972年7月号(No.63) 「特集:日本の特急列車」
当店価格:1,260 円

鉄道ジャーナル 1972年8月号(No.64) 「特集:列車を追跡する/南九州のSLガイド」
当店価格:1,050 円

鉄道ジャーナル 1972年9月号(No.65) 「特集:‘房総特急’デビュー/SLガイド」
当店価格:945 円

鉄道ジャーナル 1972年10月号(No.66) 「特集:鉄道100年記念特集号」
当店価格:1,050 円

鉄道ジャーナル 1972年11月号(No.67) 「特集:デイーゼル機関車の魅力」
当店価格:1,260 円

鉄道ジャーナル 1972年12月号(No.68) 「特集:花道をゆく蒸気機関車」
当店価格:1,050 円

 
鉄道ジャーナル(1972年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

1980年の鉄道ファンが入荷しました

1984年の鉄道ファンが再入荷し、表紙画像を追加しました。

これらの本が本屋さんに並んでいたころ、中学生だった私にとって6・7月号の事業用車特集は衝撃的でした。
SLブームが終わってブルトレブームだったときに“事業用車”の特集ですから…
この2冊は穴が空くまで読んでいましたが、国鉄最末期にギリギリで事業用車を追いかけていたときに特集号に載っていた車両を実際に見たときは感動しました。
今みたいにネットで見た気になるなんてできない時代でしたので、今では味わえない感動だと思います。
 

鉄道ファン 1980年1月号(No.225) 「特集:新幹線15年 Part-2」
当店価格:630 円

鉄道ファン 1980年2月号(No.226) 「特集:ネームド・トレイン辞典」
当店価格:630 円

鉄道ファン 1980年3月号(No.227) 「特集:ネームド・トレイン50年」
当店価格:630 円

鉄道ファン 1980年4月号(No.228) 「特集:新宿駅」
当店価格:630 円

鉄道ファン 1980年5月号(No.229) 「特集:近郊形車両」
当店価格:630 円

鉄道ファン 1980年6月号(No.230) 「特集:国鉄の事業用車 Part-1」
当店価格:1,260 円

鉄道ファン 1980年7月号(No.231) 「特集:国鉄の事業用車 Part-2」
当店価格:1,260 円

鉄道ファン 1980年8月号(No.232) 「特集:京阪神ライバル物語」
当店価格:630 円

鉄道ファン 1980年9月号(No.233) 「特集:国鉄電機 1980」
当店価格:630 円

鉄道ファン 1980年10月号(No.234) 「特集:国鉄近代化のエースたち」
当店価格:630 円

鉄道ファン 1980年11月号(No.235) 「特集:国鉄の気動車」
当店価格:840 円

鉄道ファン 1980年12月号(No.236) 「特集:55-10改正」
当店価格:735 円

 
鉄道ファン(1980年)


この記事に関連する形式写真タグはありません

茶色になったオハ14形500番代

国鉄形車両の形式写真は「国鉄型車両ファイル」に、ではJR車両の行き場所は?ということからこのブログを始めたハズだったのですが、ここ数日は国鉄形車両ばかりになってしまいました。しかも気動車。
JR車両をもっとアップしよう! と思ったのですが、アップできるような写真が見つかりません。撮っていると思うのですが、、、

そんな気持ちでこの1年間に撮影した写真を整理したのですが、引退間近の国鉄形車両ばかり撮っているみたいなのです。
JR車両を撮っていないわけではないのですが、ここでE231系の中間電動車 モハE230形だけ1枚をアップしても、「なんかね〜」という気分になりそうです。

やはり1枚の形式写真でもサマになる車両というのは、鋼製車両だと思うんです。ということで、今回はデジカメで撮影した写真が少ないために手薄になっているJR北海道の客車をアップします。

函館〜森間で運行されている「SL函館大沼号」の1号車で使用されている オハ14 519(旭アサ)です。
妻面に「旭アサ」という所属標記が書かれ、側面裾部に“オハ14 519”のステンレス製切り文字が取り付けられていますが、これは14系客車が特急用車両であることの証しです。
 

オハ14 519

オハ14 519(旭アサ)  2010年8月1日 函館駅



この形式写真に関連するタグ: 14系 , JR北海道

国鉄発行の車両形式図が3冊入荷しました

国鉄発行の車両形式図が入荷しました。

今回も3冊で、「車両形式図(蒸気機関車) 1952年版」「車両形式図(電気機関車) 1953年版」「新幹線車両形式図 1981」です。ご注文は、トレインブックスのページからお願いします(近々、国鉄資料のページを用意します)。
 

車両形式図(蒸気機関車) 1952年版

出版:日本国有鉄道 工作局動力車設計課
発行:1952(昭和27)年3月
判型:B5変横版
状態:極上
価格:21,000 円(税込み、送料無料)

車両形式図(蒸気機関車)1952年版

 

車両形式図(電気機関車) 1953年版

出版:日本国有鉄道 工作局動力車課
発行:1953(昭和28)年3月
判型:B5変横版
状態:極上
価格:21,000 円(税込み、送料無料)

車両形式図(電気機関車) 1953年版

 

新幹線車両形式図 1981

出版:日本国有鉄道 車両設計事務所
発行:1981(昭和56)年3月
判型:B5変横版
状態:極上
価格:16,800 円(税込み、送料無料)

新幹線車両形式図 1981年版


この記事に関連する形式写真タグはありません

1973年の鉄道ジャーナルが入荷しました

1973年の鉄道ジャーナルが再入荷しました。
 

鉄道ジャーナル 1973年1月号(No.69) 「特集:現代日本の動力車」
当店価格:1,050 円

鉄道ジャーナル 1973年2月号(No.70) 「特集:日本の私鉄」
当店価格:1,260 円

鉄道ジャーナル 1973年3月号(No.71) 「特集:異色のテンダ機C56/中国・朝鮮の鉄道」
当店価格:945 円

鉄道ジャーナル 1973年4月号(No.72) 「特集:列車食堂のすべて/軽便SLの魅力」
当店価格:1,470 円

鉄道ジャーナル 1973年5月号(No.73) 「特集:山を越える鉄道」
当店価格:1,050 円

鉄道ジャーナル 1973年6月号(No.74) 「特集:マンモス企業“国鉄”を見る」
当店価格:1,260 円

鉄道ジャーナル 1973年7月号(No.75) 「特集:魅惑の‘ブルー・トレイン’」
当店価格:1,050 円

鉄道ジャーナル 1973年8月号(No.76) 「特集:太陽とみどりの国−九州の鉄路」
当店価格:945 円

鉄道ジャーナル 1973年9月号(No.77) 「特集:中部横断鉄道の夜明け/振子電車のすべて」
当店価格:1,050 円

鉄道ジャーナル 1973年10月号(No.78) 「特集:鉄道2世紀の顔<第1部>」
当店価格:945 円

鉄道ジャーナル 1973年11月号(No.79) 「特集:鉄道2世紀の顔<第2部>」
当店価格:945 円

鉄道ジャーナル 1973年12月号(No.80) 「特集:蒸気機関車との訣別」
当店価格:945 円

 
鉄道ジャーナル(1973年)


この記事に関連する形式写真タグはありません