ディーゼル機関車

「増毛ノロッコ号」を牽引したディーゼル機関車 DE15 1533

今回もレタッチ済みで公開するつもりだったのに、何故か放っていた蔵出し形式写真をアップしたいと思います。

昨年からこれまで以上に精力的に形式写真を撮りに行ってますが、何枚も同じ場所で撮影した写真をアップしていると飽きてきてしまうので、どうしてもアップし損ねた写真が溜まってしまいます。

 
これは遠征に出掛けたときに十分な成果が得られた証しでもあるので悪いことではないのですが、こういう場所でどんどん発表していかないと、撮影した本人も撮影したことを忘れてしまいます。

レタッチという面倒な作業をやっていると被写体の印象が強く残るので、取り敢えずブログにアップしなくてもレタッチだけ済ませてあった形式写真を今回はアップしたいと思います。

 
ということで、今回はゴールデンウィーク中に設定された「増毛ノロッコ号」を牽引したディーゼル機関車、旭川運転所(旭)の DE15 1533 です。

 
DE15 1533

DE15 1533(旭)  2016年5月7日 留萌駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 
展望客車の オクハテ510-2 のときに掲載した「増毛ノロッコ号」の編成図をもう1回出します。
 
「増毛ノロッコ号」の編成表(左側が増毛方)

「増毛ノロッコ号」の編成表(左側が増毛方)

 

JR北海道のノロッコ号は、ディーゼル機関車に総括運転ができる機器を搭載し、最後尾の客車に設置された運転台からの遠隔操作でプッシュプル運転をすることで機回しを不要としています。

 
「増毛ノロッコ号」で使用された「富良野・美瑛ノロッコ号」編成の場合は、DE15 1533 と DE15 1534 の2両が専用機に指定されています。

この2両は、総括運転の搭載だけでなく、緑色を基本とした“ノロッコ号”専用色に塗色変更されているのが特徴となっています。



この形式写真に関連するタグ: DE10・DE11・DE15形 , JR北海道 , ジョイフルトレイン

「特別な“トワイライトエクスプレス”」を牽引する DD51 1186

2月下旬に「特別な“トワイライトエクスプレス”」を牽引する EF65 1124(関)を撮影しに下関駅に行きましたが、このときは“山陽コース”の運行だったので、以前から撮りたいと思っていたスロネ25形の通路側は撮れませんでした。

“山陽コース”は景色のいい瀬戸内海側に24系客車の寝台側が来るように組成していたためです。

 
「トワイライトエクスプレス」用24系客車は落成時期によって通路側の窓配置が異なるので、特徴的な窓配置になっている元第3編成の スロネ25 503 と スロネフ25 503 の通路側を撮るには“山陰コース”を狙うしかないと、しばらく天気予報をウォッチングしながら遠征のタイミングを図っていました。

 
3月ダイヤ改正前に「特別な“トワイライトエクスプレス”」の運転がお終いになるので、それまでに遠征できるかヒヤヒヤしましたが、何とか上り列車運転日の3/14(月)に曇り予報が出てくれました。

ただ、下関往復のためだけに遠征なんてできないですから、下関到着の前日(3/13)に特急「こうのとり」に充当されている287・289系を撮りに福知山線の柏原駅に立ち寄りました。先日アップした クモハ289-3502(福フチ)のように晴れベースの天気ながらも何とか数枚だけは撮影できました。

 
あとは遠征のメインが撮れればよかったのですが、残念ながら 3/14(月)の下関は雨のち晴れ。

途中、曇りがちの時間帯はありましたが、「特別な“トワイライトエクスプレス”」編成が出庫する1時間ほど前から雲がほとんどなくなってしまいました。

それでも、何とか撮影したのが今回アップする後藤総合車両所(後)の DD51 1186 です。

 
晴れているときに撮影したので発色はいいですし、コントラストも高いので一般ウケのいい写真だとは思いますが、床下機器を中心に日陰部分は完全に黒潰れ。

ぜんぜん満足していませんが、定期運用を持たないJR西日本のDD51形を追いかけるのは至難の業なので、これ以上深追いするのはやめておきます。

うっすらと雲が掛かってくれればよかったのですが… 本当に残念です。

 
DD51 1186

DD51 1186(後)  2016年3月14日 下関駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

遠征2日目(3/14)は北九州地区の交流電車を撮る予定でしたが、天気予報が晴れベースに変わってしまったので、九州入りをあきらめてロケハンしながらドン行で広島まで戻り、帰りの交通費を節約することにしました。

ほとんど形式写真が撮影できなかった残念な遠征でした。



この形式写真に関連するタグ: DD51形 , JR西日本

1区分1両という地味にレアな元除雪用ディーゼル機関車の DE10 3001

少々日にちが経ってしまいましたが、前回(2/14)に引き続き南東北遠征の成果をアップしたいと思います。

 
今回は、日本製紙石巻工場(JR貨物石巻港駅)からのコンテナ列車を牽引しているDE10形です(この日は単機でしたが…)。

といっても、数は少なくなったものの現在でも全国で見られる一般的なDE10形1000・1500番代ではなく、客車用蒸気暖房装置(SG)付きの除雪用ディーゼル機関車DE15形1000番代(DE15 1001)をJR東日本から購入したうえでDE10形に改造編入したDE10形3000番代の DE10 3001 です。

 
DE10 3001

DE10 3001(仙貨)  2016年2月13日 石巻駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

2009(平成21)年にJR東日本で余剰となった除雪用ディーゼル機関車DE15形がJR貨物に14両譲渡されました。

このときに、ラッセル部分(前頭車)撤去部分がDE10形仕様に改造されたため、DE10形3000番代または3500番代という新たな形式区分が起こされました。

しかし、ほとんどの種車はSGなしのDE15形1500・2500・2550番代。

そのため、14両中13両はDE10形3500番代(DE10 3501〜3513)。

DE10形3000番代は今回アップした元 DE15 1001 の DE10 3001 の1両のみで終わりました。

 
すでにDE15形1000番代は区分消滅しているので、今後DE15形1000番代がJR貨物に譲渡される可能性はほとんどゼロ。

国鉄時代に単線両頭ラッセルに改造された DE15 2052(元 DE15 1002)がJR西日本の後藤総合車両所に配置されているのと、2015(平成27)年にJR西日本からあいの風とやま鉄道に移籍された DE15 1004 の2両が在籍しているので、今後、JR貨物に譲渡される可能性はゼロではありません。

でも、その可能性は限りなくゼロに近いでしょうね…

 

1区分1両で終わる可能性が非常に高いDE10形3000番代ですが、これだけのために石巻に遠征することはできません。

ですので、1回の遠征で抱き合わせで撮れるネタを模索していたところ、先週末は「みのり」の中間車(キハ48 549)が「風っこストーブ喜多方号」の先頭に立つ日。

これなら、少々奮発して東北新幹線を使っても元が取れると判断したので、レアな車両を1日のうちに2両狙うことにしました。

 
あとは天気。

この日は曇りだった予報が好転し、晴れベースの天気に。

 
でも、日ごろの行いがよかったのか?キハ48 549(@郡山駅)と DE10 3001(@石巻駅)を撮っているときだけは何故か曇ってくれました。

DE10 3001 のときは少し雲が薄かったので、やや逆光の形式写真になってしまいましたが、この程度なら問題ないでしょう!

 
2日目(2/14)は仙台地区で701系やE721系を撮る予定にしていましたが、こんどは予報より雨が酷くて撮影どころではなかったので、予定を大幅に切り上げてお昼過ぎに帰宅しました。



この形式写真に関連するタグ: DE10・DE11・DE15形 , JR貨物

原色のままで活躍する愛知機関区の DD51 852

一昨日(1/6)の三重遠征の続きです。

 
今回は久しぶりに現地入りに夜行バスを使いましたが、またしても寝付くことができず徹夜してしまいました。

もともと普段から決まった時間に就寝するのが苦手でして、それが原因で規則正しい生活を続けられなくて悩んでしまい、また寝られなくなってしまうタイプです。

寝付きがよくなるように運動したり、リラックスしたりなんてほとんど関係ないですからね…

 
こちらのブログを書き始めてもうすぐ5年になりますが、この過去5年間に夜行バスを今回を含めて3回乗りましたが、3回ともまったく寝られませんでした。
ウトウトしながら3時間くらい寝たかったのですが、ダメでした…

 
昨年9月に急行「はまなす」に乗って“のびのびカーペットカー”の オハ14 515 を撮りに苫小牧に行きましたが、このときは列車が空いていて1人で2席確保できて横になれたので、2時間くらいは寝られました。

でも、夜行バスはそういうことができないので、徹夜を覚悟しないといけません。
しかも、何かしながら時間を潰すということもできないので、寝付けなかったときは最悪です。

ワゴンRの車中泊のときは、布団持参で気持ちよく寝ていますから、横になれるかどうかが重要なのでしょう。

 
今回の遠征は、いつも通りシングルファーザーとしての家事をすべて終わらせてからで、ヘトヘトかつ焦りに焦って家を出たので夜行バスで少しくらい寝られると期待したのですが…

前述のとおり下車するまでまったく寝られなかったので、当日はグロッキー状態に。

 
疲れていたうえに体調不良、さらに撮影移動中に足をつってしまい、しばらく歩けないというハプニング。

しかも、寝不足でお腹も下しまくっていたので、道中は最悪でした。

 
でも、国鉄時代の原色のままで残っている DD51 852 を、粘りに粘って影が出なくなった瞬間にシャッターが切れたので、今回の遠征は成功だったと思っています。

今回は足をつったあとに苦労して撮影した1枚をアップします。

愛知機関区(愛)の DD51 852 です。

 
DD51 852

DD51 852(愛)  2016年1月6日 四日市駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

DD51 852 は愛知区配置車では新参者グループに分類される車両で、東日本大震災で寸断された東北本線の郡山に向けて磐越西線経由で燃料輸送を行ったときに動員されたDD51形の1両です。

当時は門司機関区の配置で、東新潟機関区に貸し出されていました。
このときのDD51形の活躍はニュースでも採り上げられたほどでした。

 
もともとは美祢機関区(のちの幡生機関区美祢派出)に長年配置されていた石灰石・セメント輸送機で、寒地仕様車ではなく一般仕様車のためスノープラウは装備していません(一時、運用の都合でスノープラウを装備してましたが、愛知転属に際して撤去されました)。

 
八高線のDD51形を長年見てきましたので、DD51形はスノープラウがあって然りです。

そういう意味では DD51 852 は見た目の重心が軽いので落ち着きませんが、車体更新を推進していたJR貨物にあっては貴重な原色機。

ナンバープレートがブロック化されずに、冷風装置も取り付けられなかったので、原形度の高いDD51形です(運転士さんは大変でしょうが…)。

 
前回アップした赤色系更新機の DD51 857 が撮れたときとは異なる次元の満足感が得られました。

背景に写っているステンレス車体の313系が邪魔だったので、何度もこの場所にもどって撮り直しを試みましたが、お天気との兼ね合いからおとなしい背景で撮ることはできませんでした。

せめて、313系のブラインドが汚らしく閉じていなければ!なんて文句も言いたいですが、主役はきれいに撮れたので我慢することにいたします。



この形式写真に関連するタグ: DD51形 , JR貨物

赤色系更新色をまとった愛知機関区の DD51 857

昨日(1/6)、青春18きっぷの残り1回分を消化するために名古屋地区に行ってまいりました。

 
当初はクルマ併用で、沼津または浜松、岡崎まではクルマ、そこを起点に鉄道利用で青春18きっぷを使えば比較的遠距離までスムーズに行けるのでは、と考えてました。

そして、こんどの週末で、期日ギリギリにでも行ければヨシ。ダメなら流してしまっても、今回はいいぐらいの気持ち。

ところが、一昨日(1/5)の時点で天気予報を確認してみたら、昨日(1/6)は中京地方全域で曇り予報。

 
体調が悪かったのでクルマ移動はやめて、夜行バスの予約が取れたら行く、そう決めて予約サイトで確認してみたら“空席あり”。

ということで、撮影のための予習もほどほどなのに、名古屋行きの夜行バスに乗って、DD51形と211系0番代、そして313系を撮るつもりで遠征してきました。

 
天気予報どおり朝から晩まで曇りということにはならなかったので、撮影地を急遽変更したこともあって、211系0番代はパス。

四日市でDD51形の原色機と更新機を両方撮影し、天気の関係で立ち寄った津では、快速「みえ」のキハ75形やキハ11形300番代を撮りました。

 
今回はそのうちの1両、今後の動向が危ぶまれているJR貨物のDD51形800番代をアップしたいと思います。
赤色系の新更新色をまとった DD51 857(愛)です。

 
DD51 857

DD51 857(愛)  2016年1月6日 四日市駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

2015(平成27)年5月29日に大宮車両所を出場した DD51 1801 に「DD51 最終全検落成車」のヘッドマークが取り付けられたことが、当時の鉄道ニュースに掲載されました。

後継車がどうなるのか分かりませんが、このことからJR貨物のDD51形は全機引退が近いのは確かなことです。

 
DD51形の更新機は原色機に比べると人気はないかも知れませんが、更新色のDD51形はJR貨物にしか存在しません。

しかも、DD51 857 は稲沢時代の1993(平成5)年に運転室冷風装置を取り付けたため、元空気ダメタンクおおいの上部に収まりの悪い箱が置いてあります。

やや不恰好かも知れないですが、これもJR貨物による後年改造の一つ。

 
当ブログでも安定して比較的アクセスが多いのが、“青色A更新色の DE10 1667”

当時はあれほど毛嫌いされていたDE10形の青色更新機ですが、なくなってみると不人気故に写真も少ないんですよね。

 
後悔しないためにも、原色機ばかりでなく、赤色系の新更新色も撮りたいと思っていたところ、昨日は運よく DD51 857 が目の前に現れてくれました。



この形式写真に関連するタグ: DD51形 , JR貨物