ペット

「北斗星」のB寝台車の予備車両(オハネ25 231)

困ったときのペットネタです。

 

自宅で仕事をしているので、ネコと一緒に時間を過ごす時間が多いですが、我が家の飼い猫“モカ”はほとんど暇な時間は外を見て過ごすか、寝ています。

何故外を見ているのだろうか?

単なる日向ぼっこなのか?

いつもこんな感じです。

 
外を見つめるモカ

 

紫外線反射フィルムが内蔵されているサッシなので、青みがかっていますが、外から見ると、こんな感じ。

 
外から見ると、こんな感じのモカ

 

ツンデレのモカとは会話が成り立たないので、猫の気持ちは分かりませんが、窓から移り変わる景色を見ているような気がします。

でも、この場所はクルマが邪魔で景色がよくないし、天気がよくない日は窓辺に行かないで暖かい場所でくるまっていることが多いので、日向ぼっこをしているような気もします。

 
もともとネコ嫌いの私には興味のなかったことだし、観察眼も備えていないので、よく分かりませんが、モカのツンデレぶりを見ていると笑ってしまいます。

こんどはかわいい写真が撮れたらアップしてみます。

 
 * * *

 
昨日(11/8)今日(11/9)と上野〜いわき間で乗務員訓練のための試運転(ハンドル訓練)が行われているようですが、黒磯訓練も含め、これらの試運転には寝台特急「北斗星」の予備車が使用されます。

今回アップするのは、黒磯訓練やいわき訓練で引っ張りだこの オハネ25 231(東オク)です。

この車両は、冷房装置のキセがステンレス製のものに更新されていません。

 
オハネ25 231

オハネ25 231(東オク)  2013年3月24日 黒磯駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

現在、「北斗星」はJR北海道・JR東日本の共同運行で、しかも1往復しか走っていないので、個室寝台車ばかりの編成が組まれています。

かつて「北斗星」は3往復プラス臨時1往復でしたので、その関係でJR東日本の受け持ち区の尾久車両センター(東オク)には開放式B寝台のオハネ25形100番代がたくさんいました。
2008(平成20)年3月に「北斗星」が1往復化され、間もなく東オクのオハネ25形は3両だけになり、定期列車では使用されなくなりました。

 
「あけぼの」で使われているオハネ25形100番代は元「あさかぜ」グレードアップ改造車なので、折り戸のタイプの金帯車ですが、引き戸に改造されたオハネ25形100番代は東オクの予備車として残っている オハネ25 229・231・238 の3両だけになりました。



この形式写真に関連するタグ: 24系 , JR東日本

只見線のキハ40形2000番代(キハ40 2024)

8月初めから飼い始めた雌ネコのモカですが、先月末(9/30)からエサを欲しがるとき以外にも泣くようになり、7月にリフォームしたリビングの壁紙を引っ掻くようになってしまいました。

 
生後6ヶ月くらいになると発情時期を迎えると聞いていましたが、(元野良ネコなので誕生日不明ですが)かかりつけの獣医さんと相談して決めた誕生日(4/1)から数えて6ヶ月目に発情。

ケージに入れて一緒の部屋に寝ている娘からモカの鳴き声が寝られないほどウルサイ!という事態になってしまったので、一昨日(10/10)に1泊入院で避妊手術を受けました。

 
お腹の傷が痛々しく、動きはほとんどモッサリ。
食欲は普通なので、ペットフードに抗生物質を混ぜて飲ませる。

いつもは家中を自由に動き回れるようにしてますが、激しい動きを抑制したいので、私たちが留守のときはケージ。

 
ケージで静養中のモカ

ケージで静養中のモカ

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

抜糸まで1週間掛かりますので、術後の傷口を悪くしないために、リビングでジッとしてもらうようにしています。

 
ツンデレな性格なので、

エサを用意しても、最初は無視。
リビングから階段に遊びに行っても、追いかけないと、寂しいのか? ソ〜っと気付かれないようにリビングに戻る。

そんなことの繰り返し。

でも、リビングは日当たりがいいし、外の様子を観察できるので、いつもここに居ます。

 
ただ、術後はいろいろな面でペースが乱れているみたいで、ソファの影に居たり、いつもと動きがちがいます。

 

普段、形式写真以外の被写体を一眼レフカメラでは撮らないのですが、手持ちで写真を撮る練習と、こういう写真も撮れるのね!そして、撮りやすいのね!ってところを確認するために、やや暗めの場所でマッタリしているモカを Nikon D800E で撮ってみました。

上の写真もそうですが、今回は50mmの標準レンズ(Carl Zeiss Planar T* 1.4/50)ではなく、オートフォーカスの、 タムロン(TAMRON)のSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007) という手ブレ補正機構付きの標準ズームレンズです。

 
リビングに居ても動き回らないモカ

リビングに居ても動き回らないモカ

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

一眼レフカメラに限った話しですが、手持ちで写真を撮るなんてことをしたことがほとんどなかったので、ISO1600 まで感度を上げて、シャッタースピード 1/40秒で撮りました。

薄暗い場所なので、瞳孔が開いた、かわいい顔。
でも、カラーを付けているので、やや痛々しい微妙な写真です。

 
一般的な一眼レフカメラのユーザーさんって、こうやって写真を撮るんですよね!刺激になりました。

やっぱり、FUJIFILM X20 とは写りが違います。
当たり前ですが、きれいですね。

 

 
 * * *

 

形式写真を撮るときに、撮影場所の制約などがあって、50mmレンズよりもやや広角側で撮りたいというときがあります。
それでも48mm程度ですが、50mmレンズしか持っていないと、撮れずにあきらめて帰ることがあります。

それを防ぐために先月購入したのが、タムロン(TAMRON)の SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007) です。

 
ネコを撮るようなときには、このようなズームレンズでもいいのですが、形式写真をキッチリ撮るには単焦点の50mmレンズには適いません。

あと、ピントが合う範囲と距離計、そしてオートフォーカスの関係(クセ)があって、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007) を常用することはあきらめました。

 
オートフォーカスはあきらめ、ピントが合う範囲と距離計については簡単な実験で確認しましたので、このズームレンズについては、50mmレンズで撮影できないような環境のときだけ頑張ってもらうことにしました。

 

なので、撮影場所が定まった出撃のときは、50mmの標準レンズ(Carl Zeiss Planar T* 1.4/50)だけを持って、荷物を少なくしています。

 

今回アップする形式写真は只見線用のキハ40形2000番代、郡山総合車両センター(仙コリ)の キハ40 2024 です。

 
キハ40 2024

キハ40 2024(仙コリ)  2013年10月6日 会津若松駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

写真の キハ40 2024 は、以前アップした キハ40 2025 と同様に車体側面に出入り口表示器が設置されています。

仙コリの運用範囲(只見線と磐越西線会津若松〜野沢間)ではこの表示器を使用していないので、白地が表示されたままの車両がほとんどですが、キハ40 2024 はこのスペースにJR東日本の広告が表示されています。

写真では分かりにくいですが、前位側(写真左側)は“あなたの街から未来へのびる JR東日本”、後位側(写真右側)は“ギフトは駅でね。びゅう商品券”。

 
どれだけ宣伝効果があるのか分かりませんが、まるで国鉄末期の増収増益運動のときのような広告です。



この形式写真に関連するタグ: JR東日本 , キハ40系

「ホリデー快速ビューやまなし」のグリーン車(サロ215-3)

月曜日(8/19)から娘が検査入院しているので、また我が家は3人に。

この夏休みは家族4人が揃う日が限られていますが、この8月からは必ずこのモカがいて、ついでに私も家にいます。

 
しかも明るい時間帯はほとんどお昼寝、こんな感じ。

あっと、これまで書き忘れていましたが、モカはメスです。

 

ほとんどお昼寝のモカ

 

身内の入院には慣れっこですが、入院時のリスク説明と承諾書へのサインはいまでもイヤですね。

今回の検査入院は腎生検のためで、入院2日目の今日(8/20)、背中に針を刺して腎臓の一部をサンプルとして取り出す検査、ほとんど手術みたいなものです。

退院日不明で入院していますから…

毎回のことですが、検査のリスクを聞かされていたので、今回のように成功との連絡を受けるとホッとします。

 
明後日(8/23)には退院できるようなので、そうすればまたモカが娘のことを癒やしてくれるでしょう。

 
 * * *

 

この夏は例年以上に暑いので、ここで紹介する新ネタの形式写真がありません。

撮影メモを読み返してみたら、6/30:小淵沢への午後から出撃、7/17:高尾へのプチ出撃、で終わってます。

6月までの月3〜4回のペースが嘘だったかのよう。

暑くなってからは、ひたすら書庫の在庫を整理しています。

もうそろそろ執筆作業にも時間を充てないといけないので、涼しくなるまでは遠出しなくなりそう。

 

本日(8/21)アップするのは「ホリデー快速ビューやまなし」などで運用されている215系の便所付きグリーン車、サロ214-3 です。

ここ1ヶ月内のことですが、なぜか「ホリデー快速ビューやまなし グリーン車」のキーワードで訪れてくれる方が多いので、既出の サロ214-3 に引き続いてアップします。

 
サロ215-3

サロ215-3(横コツ)  2013年3月31日 甲府駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

 

写真左側の3位車端部の“the double decker liner”のステッカー部分に洗面所が配置され、写真には写っていない4位車端部に便所が設置されています。

215系10両編成には便所が3ヶ所設置されていますが、便所付きの形式はグリーン車(5号車)のサロ215形と普通車(3・8号車)のサハ215形の2形式のみです。

サハ215形は車内配置の関係で便所・洗面所スペースに余裕があるため、洗面所を狭くして同部分の一部に男子用小便所を設置していますが、サロ215形は従来の2階建てグリーン車と同等の仕様になっています。



この形式写真に関連するタグ: 215系 , JR東日本

ハムスターのダイフクが死んでしまいました

約2年前から我が家の一員だった、ジャンガリアンハムスターのダイフク(大福)が死んでしまいました。

 
一昨日(8/15)に奥さんの実家から娘が帰ってきたときの第一声が「ダ〜、イ〜、フ〜、ク〜、、、むぎゅ!」って感じ。

ダイフクLOVEだったので、突然のできごとに娘は1時間くらい号泣していました。

 

元気だったころのダイフク

元気だったころのダイフク(2013年2月25日撮影)

 

我が家の子どもたちは動物が好きで、特に娘は小さいときからネコを飼いたいと何度も何度も言っていました。

 
でも、娘が3歳のときから入退院を繰り返していたので、とても飼える状況ではなく、そもそも私がネコ嫌いだったで、いろいろと言い訳を付けて断ってました。

でも、何度目かの入院のときに、退院後もすぐには学校に行けない、そして副作用の関係で友だちに会いたくないということが多かったので、娘を癒やしてくれる小さなペット、ハムスターぐらいなら飼ってもイイよとOKを出しました。

 
そんなことでジャンガリアンハムスターを飼い始めて約2年、我が家のおっさんアイドルとして可愛がっていましたが、死というのが突然やって来るとは…


この記事に関連する形式写真タグはありません

「トワイライトエクスプレス」の食堂車“ダイナープレヤデス”(スシ24 3)

今月初めにネコを飼い始めてから、なかなか外出できなかったり、家ネコとの距離感をつかむまでは徐行運転をしていましたが、リビングでお留守番してもらっても何ら問題ないことが分かってきました。

 
ネコを飼うといっても、奥さんは毎日深夜帰りのようなものだし、子どもたちは遊びに忙しいので、我が家に慣れるまではモカのそばにいた方がいいのかなぁ?と思い、昼間は極力自宅のリビングで仕事しています。

 
気持ちよさそうなモカ

気持ちよさそうなモカ

 

いつも窓際でダラダラしているモカ

いつもリビングでダラダラしているモカ

 

人懐っこいのでこちらからモカの機嫌を取る必要もないし、モカはモカでマイペース、私もかなりマイペースな性格。

お互い付かず離れず、構ってもらいたいときだけ私に近づいてくる、そんなことで信頼関係を気付いてきました。

 
本来は飼い主の娘がやるべきなのですが、今週は奥さんの実家の栃木市にお泊まり、来週は検査入院なので、しばらくはピンチヒッターが続きそうです。

 
 * * *

 

形式写真のアップがご無沙汰になってしまいましたが、例年よりもこれだけ酷暑だと撮影に出る気にもなれないので、今回も寝台特急「トワイライトエクスプレス」の食堂車“ダイナープレヤデス”のスシ24形0番代をアップします。

前回はキノコ形の冷房装置を搭載した スシ24 1 でしたので、今回は分散形冷房装置(AU13E)を搭載した スシ24 3(大ミハ)です。

 
スシ24 3

スシ24 3(大ミハ)  2010年11月3日 敦賀駅

上の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。



この形式写真に関連するタグ: 24系 , JR西日本